夏がくれば思い出す俳句

シェアしてね

読まれがちな記事

読まれがちな記事
読まれがちな記事
下線

夏がくれば思い出すのは「はるかな尾瀬」や「遠い空」ばかりではないぞー! とおっしゃるご同輩、こんにちは。館長です。

夏がくれば思い出す俳句

いやむしろ、「はるかな尾瀬」や「遠い空」のほうが思い出さないという人も多いのではなかろうか?

ちなみに、ミズバショウが咲くのは5月末なので、いわゆる夏(7~8月)に尾瀬に行っても見られないからな! 気をつけなよ!

スポンサーリンク

夏がくれば思い出すのは、この子供の俳句

素晴らしい!

17文字の中で意味がある言葉は「せんぷうき」だけ。

なのに、すぐさまこの様子が映像として浮かんできます。

せんぷうき あああああああ おおおおお

ダイソンの扇風機の家庭じゃ、この俳句は生まれなかっただろうなぁ……。

スポンサーリンク

シェアしてね

フォローしてね