ジョディ・フォスターの「女のみさお」

シェアしてね

読まれがちな記事

読まれがちな記事
読まれがちな記事
下線

「あなたのために 守り通した」ものは何でしょう? という問いにすぐに「女の操」と答えられるのはオッサンの特権だね! とおっしゃるご同輩、こんにちは。館長です。

ジョディ・フォスターの「女のみさお」

「特権」でも何でもない気もしますが、ヤングには分からないことは確かでしょう。

1973年に発売された殿さまキングスが歌う『なみだの操』の歌詞です。

殿キンの歌ももちろん好きでしたが、藤圭子のカバーも大好き。

藤圭子のことなら、あの、今をときめきすぎる宇多田ヒカルの母君として、ヤングだってご存知でしょう。

“本家超え” とも言われるこの歌唱。聴き惚れます。

この方はカバーも多く出してますが、このように “本家超え” をするので嫌がられるくらいだったそうですね。

この親にしてヒカルあり、ってとこです。

いや、話がそれましたが、今日言いたいことは「女の操」のことなんです。

スポンサーリンク

ジョディ・フォスター直筆の掛け軸「女のみさお」

天野譲二@『幻の未発売ゲームを追え!』発売中さんTwitter

そしてこの掛け軸を落札したのが、今は亡き漫画家の多田かおるさんだったのもけっこう有名な話。
(→【参考】イタズラなKissブログ(スクショ)

当時、番組を観てて僕が落札したいなぁ、と思った権利は―― 

  • さとう珠緒がアカスリしてくれる権
  • 飯島愛に添い寝してもらえる権
  • 山田まりやと混浴できる権

――などでした。

エロ系ばっかかよ!!

エロ系ばっかだよ!!

スポンサーリンク

シェアしてね

フォローしてね