岡谷のうな重、成層圏へ行く

シェアしてね

読まれがちな記事

読まれがちな記事
読まれがちな記事
下線

「成層圏で食べるうな重がいちばん美味い!」って、かの北大路魯山人も言ってたよなぁ……と、平気で嘘をつくご同輩、こんにちは。館長です。

岡谷のうな重、成層圏へ行く

でも、誰もまだ成層圏でうな重を食べたことないなら、嘘とも言い切れないわけで。

ほんとにいちばん美味しいかもしれないから、ぜひ、土用丑の日は成層圏へ!

スポンサーリンク

岡谷市のうなぎ料理店「観光荘」、うな重の成層圏到達に成功!

成功を伝える新聞記事

うな重、成層圏到達の新聞記事

成層圏に浮かぶ「うな重」の写真

成層圏に浮かぶうな重

【動画】うなぎを宇宙へ! – YouTube

 
綺麗だ。

成層圏に浮かぶ「うな重」は実に綺麗だ。

というか、成層圏に浮かぶために作られたのが「うな重」である、と言ってもいいくらいだ。

平賀源内が現代に生きていたら、「土用丑の日はうなぎ」なんてコピーではなく、「成層圏ばえ(成層圏に映える)なら、うな重!」と宣伝していたことだろう。

僕はいつものごとく不真面目に紹介しましたが、観光荘の社長さんはいたって真面目に取り組んでらっしゃる。

2023年ころに国際宇宙ステーションに長期滞在する予定の宇宙飛行士、古川聡さんが宇宙で食べたいものについて偶然にも「うなぎのかば焼き」と答えたことで奮起。
第1弾として、7日(水)に福島県南相馬沖からうな重を気球に載せて打ち上げ、まずは地上30キロの成層圏への到達を目指す。

【魚拓】「シルクうなぎ」宇宙食に まず気球で成層圏へ | 信州・市民新聞グループ

JAXAの認証を受けた宇宙日本食は大手メーカーばかりの中、地方飲食店でもできるか問い合わせ、「条件を満たせば可能」との回答を得てうなぎのかば焼きを宇宙に届ける決意をした。
 
(中略)

今後は来年にもスタートする民間宇宙旅行の宇宙旅行食を目指し、最終的には宇宙日本食として23年に古川さんが滞在する国際宇宙ステーションへの搭載を目標に掲げる。

【魚拓】「シルクうなぎ」宇宙食に まず気球で成層圏へ | 信州・市民新聞グループ

観光荘は、蚕のさなぎを餌に混ぜて育てた自社開発の国産ウナギ「シルクうなぎ」という、岡谷ならではの食材を用いての「宇宙日本食」を目指しておられるので、地元民としては応援しないわけにはいきません。

「宇宙」と「うなぎ」を結びつけるプロジェクト、「UNAGalaxyProject(ウナギャラクシープロジェクト)」は、現在クラウドファンディングを行っています。

うなぎがお好きな方、成層圏がお好きな方、将来は宇宙飛行士になって宇宙空間でうな重を食べたい方、以上のいずれでもない方、奮ってご支援ください。

本プロジェクトはうなぎの宇宙日本食認定を目指す「やなのうなぎ観光荘」が松本工業高校生とタッグを組み、うなぎを気球に乗せて宇宙へ打ち上げるプロジェクトです。こだわりのうなぎをはじめ、様々なリターンをご用意しております。本気で宇宙を目指す長野県発のプロジェクトを応援いただけますと幸いです。

「UNA Galaxy project」については下記に詳しく載ってます。

 長野県岡谷市にあるうなぎ屋の有限会社 観光荘は、2021年7月2日、自社開発の「シルクうなぎ」の蒲焼を宇宙日本食として2023年に国際宇宙ステーション(ISS)への搭載を目指す「UNA Galaxy Project(ウナギャラクシープロジェクト)」を発足したと発表し、オンライン会見を行なった。

最後に……

成層圏に行った「うな重」は、どうなったの? という疑問を僕も持ったのですが……
 

パラシュートで同県沖の太平洋上に落下したかば焼きは、同店の宮沢健社長(44)らが味わったという。

【魚拓】「うな重」飛んだ! 成層圏の旅 | 信毎web

 
スタッフが美味しくいただいたようで、安心しました。

スポンサーリンク