フェルメールの『窓辺で手紙を読む女』修復完了 「修復前のほうがいい」とか言っちゃいけないさ

シェアしてね

読まれがちな記事

読まれがちな記事
読まれがちな記事
下線

休日の朝はわりと、フェルメールなんかを眺めながらのコーヒーで始まることが多いよ……とおっしゃるご同輩、こんにちは。館長です。

フェルメールの『窓辺で手紙を読む女』修復完了

まあ、「寝言は寝て言え!」って感じですけどね!

スポンサーリンク

フェルメール『窓辺で手紙を読む女』修復完了 「前のほうがいい」という声も

■ フェルメール《窓辺で手紙を読む女》が修復完了。2022年に東京上陸し、所蔵館外で世界初公開へ|美術手帖

フェルメール《窓辺で手紙を読む女》が修復完了。2022年に東京上陸し、所蔵館外で世界初公開へ|美術手帖

2022年に来日予定のフェルメール《窓辺で手紙を読む女》の修復が完了した。
作品の背景に弓矢を持ったキューピッドの立像が現れ、その意味が大きく変わった。

【修復前】フェルメール『窓辺で手紙を読む女』

修復前

【修復後】フェルメール『窓辺で手紙を読む女』

修復後

「修復前がいい」っていう人の気持ちも分かるなぁ。

“絵のことを語らせたらこの人の右に出る者しかいない” と言われる僕でも、修復前の絵には “空白の美” みたいなものが感じられるし……。

でも、フェルメール自身が消したんじゃないのなら、そこにキューピッドの絵はあるべきだし、あって初めて『窓辺で手紙を読む女』なんだから、僕が何を言ったって美術界に一石を投じることはできないのだ。(投じるつもりだったのか)

 
でも、ごくごく個人的な、素人の戯言として言わせてもらうと、キューピッドが好きになれないのだ。

なんか、金髪ヅラをかぶった小太りのおっさんのようで……。

願わくば、壁の絵はこうしてほしかった。

他の修復例

 
そう、壁の絵は『窓辺で手紙を読む女』だったら良かったと思うんだ。

題して、「『窓辺で手紙を読む女』を飾って窓辺で手紙を読む女」――。

 
美術界に一石を投じるね、これは。

スポンサーリンク

シェアしてね

フォローしてね