「アマビエとめぐる世界の名画」シリーズがとても素敵

シェアしてね

読まれがちな記事

読まれがちな記事
読まれがちな記事
下線

「彩冷える」と書いて「アヤビエ」と読むバンドがあるんだから、きっと「アマビエ」も「甘冷える」が正式名称に違いない! とおっしゃるご同輩、こんにちは。館長です。

アマビエとめぐる世界の名画

そんなこと言ってるのは僕の周りを見ても僕しかいないのですが、僕としてはそう思い込むことにしてます。

彩冷える

彩冷える(アヤビエ)は、日本のヴィジュアル系バンドである。2004年5月に結成。2009年5月27日に徳間ジャパンコミュニケーションズよりメジャー・デビュー。2010年をもって活動を休止していたが2019年5月8日より活動を再開。

■彩冷える – Wikipedia

スポンサーリンク

「アマビエとめぐる世界の名画」シリーズ

美術家の長谷川維雄さんが繰り広げる「アマビエとめぐる世界の名画」がとても素敵なのでここに記しておきたいと思います。

長谷川維雄
@hasegawa_fusao
美術家。絵画、彫刻、インスタレーション。エクストラヴァージンピーマンエア、地蔵コーン販売。1円を水に浮かべ日本を作る作品、夏を一日だけ延長する作品など。「一時間労働」は1013円~任意で販売しております。

■長谷川維雄さん (@hasegawa_fusao) / Twitter

マルク・シャガール「誕生日」
元画

サンドロ・ボッティチェッリ「ヴィーナスの誕生」
元画

ヨハネス・フェルメール 「牛乳を注ぐ女」
元画
「モナビエ」
元画
ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ 「ひまわり」
元画
「エジプト死者の書」
元画
ジョン・エヴァレット・ミレー「オフィーリア」
元画
サルヴァドール・ダリ 「茹でたインゲン豆のある柔らかい構造(内乱の予感)」
元画
ピーテル・ブリューゲル 「バベルの塔」

ほんと、素晴らしい。

こういう、アートのセンスと技術がある人は心底尊敬します。

こんな素晴らしい作品を見せていただいたお礼に、と言いますか、 “アンサーアマビエ” として、僕ができることはただ1つ。

「彩冷える(アヤビエ)feat. 甘冷える(アマビエ)」です。

よろしくごめんなさい。

彩冷える(アヤビエ)feat. 甘冷える(アマビエ)
スポンサーリンク

シェアしてね

フォローしてね