ノコノコ アー♪ 猫の鳴き声とコラボした曲 Alugalug Cat×The Kiffness

シェアしてね

読まれがちな記事

読まれがちな記事
読まれがちな記事
下線

ノコノコノコノコノコノコ アー♪ の甘い歌声と心地よいリズムには、ついつい聴き入ってしまうけどね! とおっしゃるご同輩、こんにちは。館長です。

猫の鳴き声とコラボした曲 Alugalug Cat×The Kiffness

スポンサーリンク

先だって、『イエヴァンポルカ』のクラブリミックスバージョンをご紹介しましたが……

フィンランド民謡のイエヴァンポルカを歌いまくるトルコ人ミュージシャンの男性とともにリズムをとる白猫。その動画を見てるうちに自分もリズムをとりだす猫たちがいい。

そのミュージシャン「The Kiffness」による新たな猫とのコラボレーションが、再び人気ですね。

Alugalug Cat×The Kiffness 猫の鳴き声とコラボした曲

こちらは、Meredith Bullさんの『I don’t wanna be touched』

Meredith BullさんはTwitterを使っています

笑った!

発想もセンスもすんごい人たちだ!

何度も聴きたくなっちゃうし。

だけどもだっけど……

自分でも笑っておきながら、盛り上がりに水を差すようなこと言って申し訳ないですけど、これ以上はこのミームは広がってほしくないなぁ、と思うのです。

猫にしてみれば警戒心と恐怖心MAXですし、この上なくストレスフルな状態を強いられた挙げ句の産物ですもん。

この鳴き声欲しさにこんなことを続ければ、れっきとした虐待になるでしょう。

「I hate to hear you scream out in fear, but don’t you worry for I am here.(キミが恐怖で叫ぶ声を聞くのは嫌だけど、心配しないで。僕はここにいるから)」

……なんて歌ってるけど、あんたがいるから怖がって叫んでるんじゃん! ってことは承知してもらって、今後はもっと別のアプローチによる猫をフィーチャーしたコラボレーションで、我々をステューピファイしてほしいものです。(←呪文まじりのカタカナ語、ひどい)

とはいえ、これら2曲は好きです。

だから今日も何度も聴いてます。

この2曲に限っては思いきり楽しみたいと思います!

スポンサーリンク