パーマ大佐「森のくまさん」の替え歌に訳詞者の馬場祥弘氏が販売中止求める

もとより、ちょっと何言ってるか分かんない歌詞ではあるよねぇ……とおっしゃるご同輩、こんにちは。館長です。

 

やっぱり「お嬢さん お逃げなさい」っていうのは、「このままじゃお嬢さんを襲ってしまうから早く逃げて!」ってことですよね?

なのにイヤリングなんか落としやがって!!

「お礼に 歌いましょう」って、歌ってる最中にクマさんは我慢できなくなって襲ってしまったことでしょう。

スポンサーリンク

芸人パーマ大佐「森のくまさん」の替え歌に訳詞者の馬場祥弘氏が販売中止要請

■ 替え歌CD、販売中止要請=「森のくまさん」訳詞者:時事ドットコム

替え歌CD、販売中止要請=「森のくまさん」訳詞者:時事ドットコム童謡「森のくまさん」の歌詞を勝手に改変したとして、英語歌詞を和訳した馬場祥弘さん(72)が18日、CDとDVDを販売するユニバーサルミュージック(東京)と歌っている芸人のパーマ大佐さんに販売中止を求める書面を郵送した。

 

パーマ大佐 – 「森のくまさん」 ショートver.

あくまでも僕の感想ですけど、この訳詞者の馬場祥弘さんって人もちょっとどうかな、と思うんです。

『みんなのうた』で紹介された当時は、日本語作詞者は不詳とされていたため、「作詞・作曲:不明(アメリカ民謡)、編曲:玉木宏樹」とされていた。
その後、馬場祥弘による「『森のくまさん』は自身が作詞・作曲した作品である」という主張が認められ、一時期は「作詞・作曲:馬場祥弘」としてJASRACに登録されたが、その後の調査で原曲となるアメリカ民謡の存在が判明し、「作詞・作曲:不明(アメリカ民謡)、日本語訳詞:馬場祥弘、編曲:玉木宏樹」となった。
その一方で、『みんなのうた』編曲者の玉木宏樹は、日本語作詞者は不明であると最後まで主張し続けていた。

アメリカ民謡なのに、自分が作詞作曲したと主張するなど、腑に落ちない点があります。

編曲者は終始一貫して「日本語作詞者は不明」と主張し続けたとのことですし。

もともとの原曲であるアメリカ民謡に、そもそも馬場さん自身がヘンテコな歌詞(僕の感想)を付けた時点で、原曲の著作者人格権を侵害してるんじゃないの? とか思ってしまったりもするんですけど……。
原曲の作詞者が不明だから訴えられたりしなかっただけで……。

それはそれとして、僕がもう一つ気になったのは、パーマ大佐の「森のくまさん」の歌詞が、CDになる前は、

「色んなことに手を出した 犯罪・水商売・ヤバい薬」

だったのが、CDでは、

「色んなことに手を出した 犯罪・ギャンブル・膨らむ借金」

に変わっていたことです。

 

やはりここにも “大人の事情” はあるのですね。

 

スポンサーリンク