「月刊住職」肉親の骨をゆうパックで寺に送るな!(但しお骨を送れるのはゆうパックだけ)

そんなこと怒ってるけど、そのうちに住職をゆうパックで送る時代が来るかもしれないよね! と思ったご同輩、こんにちは。館長です。
 

まぁ、来ないけどね。

スポンサーリンク

月刊住職「肉親の骨をゆうパックで寺に送るな!」

イメージ

 

とはいえ、いざ遺骨を送らなければならなくなったとき、唯一それができるのが「ゆうパック」のみだそうな。
 

 

「月刊住職」を読んでいないから、どういった意図で「肉親の骨をゆうパックで寺に送るな!」と言ってるのかは分かりませんが、感情の問題なのでしょうか?

どうしても送るしか手段の無い人もいると思いますし、これからはもっとそういう人が増えてくるんじゃなかろうかと。

 

ま、そんなことより、「だれでもできる大往生」のほうが興味津々ですね!

できるかいなっ!

スポンサーリンク

シェアしてね

フォローしてね