「頭が赤い魚を食べた猫」ってスゴい!

「頭が赤い魚を食べた猫」という短いフレーズに悩む、「頭が弱い魚を食べるオッサン」なご同輩、こんにちは。館長です。
 

この場合、「頭が弱い魚」を食べるのではなく、「頭が弱い、魚を食べるオッサン」という意味なのは言うまでもありません。

言うまでもありませんが、言った!


スポンサーリンク

頭が赤い魚を食べた猫

 

「頭が赤い猫」は、1番だけですね。

「頭が赤い魚」は、2番だけですね。
 

他はあり得ないんだけど、そういう意味に取れないことはない……。

こんな簡単な一文が、こんなにも多岐にわたる解釈を可能にするなんて、目から頭が赤い魚のウロコが落ちたようです。
 

《iPhone からの投稿》

スポンサーリンク

シェアしてね

フォローしてね