森喜朗元首相(東京五輪組織委員会会長)の新国立競技場建設見直しへのコメントがすごい

新国立競技場の建設計画は見直しかー、やっぱりねー、そうなると思ってたんだよー、最初っからー、と、後出しジャンケンがお得意なご同輩、こんにちは。館長です。
 

でも、“後出しジャンケン”ならこの人には敵いませんね。

スポンサーリンク

新国立競技場建設見直しへの三者のコメント

新国立競技場建設見直しへのコメント

デザイン選考の安藤忠雄氏は、ザハ氏案は外せないと。

国際的信用については、この件に関してはすでにかなり落ちてしまっているとデーブ・スペクターは言う。

そしてザハ氏側にはすでに13億円以上支払っている。どうなるの?

新国立競技場建設見直しへのコメント

安倍首相は相変わらずのコメント。

新国立競技場建設見直しへのコメント

出た! 「元々嫌だった」!!
 

インタビューではもっと具体的に、

「私は当初からあんな生牡蠣をドロッと垂らしたようなデザインを見せられて『へーっ、こんなのは嫌だなあ』と思ったけどね…」

とおっしゃっていた。
 

正直なところはいいんですけどねぇ……。

新国立競技場建設見直しへのコメント

 

ともあれ、白紙に戻ったんですから、ここからいいものを作っていただきたい。金額的にも機能的にもいいものを。
 

いや、「作っていただきたい」なんて言ったけど、すごく勝手な本心を言えば、作らなくてもいいよ、もう。(←怒られるから言わないようにしてるんだ)

スポンサーリンク

シェアしてね

フォローしてね