冷やし中華、始めようぜ!

AMEMIYAも歌ってたけど、身の周りに何が起きようと、世界に何が起きようと、逆に何も起きなくても、1年に1度必ず、冷やし中華は始まるのだなぁ~ としみじみ思ったご同輩、こんにちは。館長です。

スポンサーリンク

冷やし中華、始まったり始まらなかったり

冷やし中華

松岡修造ならきっと言うよ。
「始めたいんじゃないんだ! 始めるんだ!」ってね。

冷やし中華
冷やし中華

僕の感覚では、最近はこのように「始めさせられ」るお店が増えたような印象。

外圧により渋々始めるところもあるし、お客さんの熱い要望に応えるカタチのところもある。

冷やし中華

元々は「はじめました」だったんだけど間に合わなくてこうなったようなんだ。

明日こそがんばれ!

冷やし中華

先んずれば人を制す。

他のお店より一足先に始めたことを、ちょっと誇らしげに言うんだ。

他店からの「もう始めたのかよ!? カッケーな、おいっ!」という賛辞が聞こえる。

冷やし中華

一方で、始めないところも、もちろんある。

お店の方針なのだから、誰も文句は言えないんだ。

冷やし中華

断固として始めないところも中にはある。

過去に始めた経験があり、その際、かなり痛い目にあったことが想像できる。
 

冷やし中華というものは、最初っから冷たいわけじゃない。
いったん熱くなったものを、懸命に冷やさなければならないのだ。

たぶんこのお店は、そうやって冷やすのに時間がかかり、親の死に目に会えなかったのだろう。

でもきっと、あなたの親御さんは天国であなたのことを誇りに思ってるよ。
客にちゃんと冷え冷えの冷やし中華を提供したことを……。
 

……って、僕は何を言ってるんだ?

 

ともあれ、冒頭では「1年に1度必ず始まる」って言ったけど、始まることが当然のことだと思ってはいけないんだね。

あたかも当然のごとく今年も始まってくれることを、ほんとは感謝しなければならないんだ。
 

さあ、みんな、

冷やし中華、始めようぜ。
 

……って、僕は何を言ってるんだ?

スポンサーリンク

シェアしてね

フォローしてね

コメントの入力は終了しました。