今日、4月23日は「国際マヌルネコの日」だからいろいろと

シェアしてね

読まれがちな記事

読まれがちな記事
読まれがちな記事
下線

前に「絶滅するってことは、生きる価値がないってことだからしょうがないんだよ」なんて言葉を目にして唖然としちゃったよ! とおっしゃるご同輩、こんにちは。館長です。

4月23日は「国際マヌルネコの日」

「そういうおまえこそ絶滅してくれ!」って思ったけど、そんなヤツのことであっても、何かの絶滅を願うなんてことはしないことにしたよ!

人間できてるよな、オレ様!

スポンサーリンク

4月23日は「国際マヌルネコの日」…彼らのこと、動物全般のことを考えたい日

世界最古の猫、マヌルネコ

マヌルネコの変顔も人気

準絶滅危惧種に指定されている希少な世界最古の猫、マヌルネコ。

今日4月23日は、そのマヌルネコの保護団体 PICA が「マヌルネコについて考えよう」ということで定めた「国際マヌルネコの日(International Pallas’s cat day)」です。

せっかくだから『マヌルネコのうた』を聴いてみよう

埼玉こども動物自然公園が出した「マヌルネコを飼いたいあなたへ」

マヌルネコを飼いたいあなたへ

 ふわふわの毛や丸い瞳、太いしっぽなど、とてもかわいらしい姿や動きにマヌルネコを飼ってみたいと思った人も多いと思いますが、マヌルネコは「アメリカンショートヘアー」や「マンチカン」といったイエネコの品種とは違います。野生のネコのなかまの一つの種です。

 彼らは現在、地球上に15000頭ほどしかいないと考えられています。すみかも開発や環境破壊などにより分断されて生息数が減ってきているといわれています。

 私たちが飼いたいと希望すれば、それに答えるために密猟により多くの野生のマヌルネコがとらえられることでしょう。そして彼らの絶滅への道が近づくことが容易に想像できます。

 飼いたいほど大好きなマヌルネコが地球からいなくなってしまわないように、本物ではなく、写真や動画、記憶で皆さんのうちまで連れて帰ってあげてください。そして彼らを守るために何をしたらいいか、一緒に考えていきましょう。

那須どうぶつ王国で生まれたマヌルネコの誕生から旅立ちまで

那須どうぶつ王国には2016年来、2頭のマヌルネコがいます。

ボル(♂)とポリー(♀)といいます。

野生のマヌルネコは高所の寒冷地に暮らしているため病原菌による危険は少ないのですが、飼育下においては免疫力がとても低くなってしまうそうです。

特に子猫の死亡率は高く、飼育・繁殖は難しいとのこと。

そんな中、2017年3月にポリーは4頭の赤ちゃんを産みました。

ところが数日後、ポリーが感染症にかかったため、子猫への感染を避けるため親子を引き離して人工哺育に切り替え。

ですが、必死の哺育もむなしく、4頭とも感染症により死亡してしまいました。

そして2019年4月22日、ポリーはふたたび出産。

今度は8頭の赤ちゃん(うち1頭は死産)。

しかしまたもポリーの体調が悪化し、残りの7頭をやむなく人工哺育することに。

ポリーから子供を取り上げた以上、今度こそ絶対に死なせるものか! と飼育員の福本さん(ポリーと相思相愛の仲)は泊まり込みで哺育。

飼育員の福本さん、命がけの飼育

それこそ命がけの飼育をしました。

しかし、そんな福本さんの必死の思いとは裏腹に、子マヌルたちは次々と感染症にかかり、5頭が死んでしまいました。

なんとか頑張って生き残ってくれたのが、その後「エル(♂)」「アズ(♀)」と名づけられた2頭。

子マヌルの2頭、エル(左)とアズ
エル(左)とアズ
子マヌルの2頭、エル(左)とアズが肉球を披露
子マヌル、肉球を披露。
子マヌルのエル
ちょっとヘアが乱れたエル。
離乳食を食べるのがヘタな子マヌル

僕のいちばん好きな写真。
離乳食を食べるのがヘタな子マヌルの、食後の情けない顔。笑

絶対に死なせない! という福本さんはじめ飼育員さんたちの強い気持ちと、懸命に生きようとする子マヌルたちの生命力が実って、いよいよデビューの日を迎えました。

晴れのデビューですが、それは同時に、福本さんたち飼育員さんが彼らに触れられる最後の日でもあるのです。

感染症にかかるのを防ぐため、これ以降、人間はマヌルたちに触れることはできません。

給餌や掃除はマヌルネコをバックヤードに移動させその間に行う、「間接飼育」と呼ばれる飼育方法。

子マヌル、デビューの日
子マヌル、デビューの日
この手を離したら、もう二度と触れることはできない……。
三谷幸喜がおいおい泣いていた

番組では、「次に触れることができるのが死んだときだなんて……」と三谷幸喜がおいおい泣いていた。

うん、気持ちは分かる。分かるぞ。分かるがそんなに泣くな。

そうして半年が過ぎ……

子マヌルのエルとアズ

2頭は立派に育ちました。
アズ♀(左)とエル♂。

立派に育った子マヌルたちですが、那須どうぶつ王国とはお別れです。

2020年3月からは、神戸どうぶつ王国での新生活が始まりました。

ご存知のお方もおられましょうが、僕は那須どうぶつ王国のスナネコの赤ちゃん「アミーラ」の名づけ親になることができまして……

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

館長(@kantyo)がシェアした投稿

でも、その後も続くコロナ禍により、いわば “我が子” であるアミーラに1度も会えないままですし、子マヌルたちにも会いたかったのに、けっきょく会えずに神戸へ行ってしまって……。

今年になれば……なんて淡い期待をいだいていましたけど、去年より事態は悪化の一途。

名づけ謝礼の招待券の期限は今年の9月末日です。

それまでに行ける状態になってくれるか、それとも、なりふり構わず行くか……?

でも、オリンピックができるんなら、僕が那須どうぶつ王国に行くぐらいどうってことないよね?

ね?

スポンサーリンク