ブレーメンの音楽隊はブレーメンの音楽隊なんかじゃなかった!

子供の頃に聞いた童話や昔話って、自分に子供でもできない限りはなかなか改めて読み直すことってないもんだねぇ……とおっしゃるご同輩、こんにちは。館長です。

 

先日、必要に迫られて『ブレーメンの音楽隊』について調べたんです。

話の内容はすでにうろ覚えになっていて、何匹かの動物たち(その種類さえはっきりせず)がいっせいに鳴き声を上げて泥棒だかを追いはらった話だったよなぁ……くらいしか思い出せず。

でも、その動物たちこそがまぎれもなく『ブレーメンの音楽隊』のメンバーなのだということは、信じて疑っていませんでした。

それなのに……。

スポンサーリンク

ブレーメンの音楽隊かと思ってた動物たちはブレーメンの音楽隊なんかじゃなかった!

 

ブレーメンの音楽隊とあるが、動物たちは実際にはブレーメンには行っていない(たどり着いていない)。

 

ロバが「ブレーメンに行って音楽隊に入ろう!」と思い立ち、他の動物たちもそれに賛同してブレーメンに向かっただけで、音楽隊に入るどころか、ブレーメンに着いてさえいなかった――。

泥棒を追い出した家がすっかり気に入り、そこで仲良く暮らしましたとさ。
 

――そんな話だったんだ!
 

そりゃないよ。

それでいいんだったら、ロバが「日本に行って自衛隊に入ろう!」って思っただけで、『ニッポンの自衛隊』になっちゃうじゃないか!

 

このように、勘違いしたままだったり、よく分からないままになってる話って、実は多いのかもしれないね。

一度、いろんなお話を洗い直したほうがいいと思うよ!

僕は面倒くさいからやらないけど。

スポンサーリンク

シェアしてね

フォローしてね