パクリ佐野研二郎氏の奥さんが一番言っちゃいけないこと言って炎上

まさに、「部下の手柄は上司のもの、上司の失敗は部下の責任」を現実のものにしようとしてるようだ! と感じたご同輩、こんにちは。館長です。

スポンサーリンク

佐野研二郎氏の奥さんが「実際にデザインしたのは部下。佐野は監修しただけ」

──釈明会見以降も相次ぐ盗用疑惑の報道をどう見ていますか。

「事実と違うことが報じられていて、本当に残念です。
 佐野は人のデザインを模倣するスタンスで仕事をしていません」
 

──佐野氏が手掛けたサントリーのプレゼントキャンペーン用のトートバッグのデザインが、米国サイトにアップされたものと酷似している。盗作ではありませんか?

「確かにトートバッグのデザインを監修したのは佐野です。
 しかし、細かい実務を担っていたのは何人かの”部下”です。
 その部下たちの話を聞いた上でないと、返答はできません。
 今は事務所が夏季休暇に入っているので、調査にもう少し時間がかかります。
 そもそも、ゼロペースからデザインを作り出すことは一般的ではありません。
 あくまで一般論ですが、どこかで見たデザインから無意識に着想を得ることは、珍しいことではありません」

 

ネット上の感想は……。

・一番言っちゃいけない言い訳

・ばれないうちは俺のデザイン。 ばれたら部下のデザイン。 最低っすね。

・佐野のブランドで出してるんだから、責任を取るのは部下じゃなくて佐野だよ

・秘書がやりました とか アシスタントがやりました とか もう止めにしませんか?

 

冒頭の奥さんのコメント、

「佐野は人のデザインを模倣するスタンスで仕事をしていません」

……これを、

「佐野は人のデザインを模倣するスタンスで、仕事をしていません」

……このように読点を打つことで「なるほどなぁ」と納得している人たちもみかけました。
 

きっと、奥さんのこのコメントこそが真実を表しているのでしょう。

スポンサーリンク

シェアしてね

フォローしてね