まさに盗人(とうと)バッグ!佐野研二郎氏デザイン盗用認め謝罪するも人のせい

「ごめんなさい。でも直接やったのは僕じゃなくてBくんなんです!」なんて謝り方をしたら親や先生に余計に怒られたもんだったよなぁ……と昔を思い出したご同輩、こんにちは。館長です。

スポンサーリンク

佐野研二郎氏 サントリー景品トートバッグのデザイン盗用を認め謝罪するも自身の直接的な関与は否定

■ 佐野研二郎氏 景品トートバッグのデザイン盗用を認め謝罪 – ライブドアニュース

リンク先サムネイルサントリーのトートバックのデザインがインターネット上のデザインに酷似している指摘された20年東京五輪のエンブレム制作者で、アートディレクターの佐野研二郎氏(43)が14日、自身のデザイン会社のホームページを更新。トートバッグのデザインについては、「トレース」(※図面などを『敷き写す』の意)という言葉を用い、共同制作者が第三者のデザインを“盗用”していたことを認め、謝罪した。

■ (cache) 今回の事態について WWW.MR-DESIGN.JP

リンク先サムネイルサントリーオールフリー トートバッグの件について

イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ

 

佐野氏は「私としては渡されたデザインが第三者のデザインをトレースしていたものとは想像すらしていませんでした。しかし、その後ご指摘を受け、社内で改めて事実関係を調査した結果、デザインの一部に関して第三者のデザインをトレースしていたことが判明しました」と、デザインの“盗用”を認めた上で、自身の直接的な関与は否定した。

 

この期に及んで、なんとしても、トレースしていたのは自分ではなく部下のデザイナーのしわざなのだと言い張るところが、上司の鑑のような人だ。

このようなディレクターのもとでコツコツと働いていたデザイナーさんたちはこれからどうなるんだろう?
 

誰がやったとか、自分がやってないとかではなく、「すべて自分の責任です。すみませんでした」と言っておけばいいのに、どこまでも潔くない人だ。

スポンサーリンク

シェアしてね

フォローしてね