ニトリの広告が「お値段重視・品質軽視」になっていると話題に

昼下がりのギッタンバッコンおじさんこと館長です。
 

僕の田舎ではシーソーのことは

「ギッタンバッコン」

と呼んでいました。
 

いや、今だってあれは「シーソー」なんかじゃない。
「ギッタンバッコン」なんだ。

そしてこれからもずっと、「ギッタンバッコン」なんだ。


スポンサーリンク

 

僕は人のことバカと言えるほど利口じゃないのは分かってる。

けど、それでもこれを作った人には言えそうだ。

バカじゃないの!
 

きっとこれ作った人、ギッタンバッコンで遊んだことないんだ。

子供の頃の遊びには、ちゃんと意味があるんですね。

特にギッタンバッコン。
 

「ズッコン バッコン」だと、オトナの遊びになっちゃうから要注意だ。

スポンサーリンク

シェアしてね

フォローしてね