「聖の青春」の師匠・森信雄七段の「将棋で不幸になってほしくない」が実にいい話でした

やっぱり、いい師匠・先生に出会うってことは人生においてすっごく重要なことだなぁ……と痛感しているご同輩、こんにちは。館長です。

 

僕は振り返ればイヤな先生が多かったなぁ。

彼らのせいで人生狂ったとは思わないけど、無駄な時間を過ごさせていただいちゃったとは思ってるよ。

スポンサーリンク

将棋で不幸になってほしくない――「さえん」師匠が人を育てる

将棋で不幸になってほしくない――「さえん」師匠が人を育てる

■ 将棋で不幸になってほしくない――「さえん」師匠が人を育てる – Yahoo!ニュース

将棋で不幸になってほしくない――「さえん」師匠が人を育てる - Yahoo!ニュース襖に映画「聖(さとし)の青春」の大きなポスターが貼られている。難病と闘いながら将棋に打ち込み、29歳で亡くなったプロ棋士・村山聖九段の物語だ。村山の師匠・森信雄は、この映画を見るために6回、7回と映画館に足を運ぶ。村山が亡くなって19年、森が育てたプロ棋士は11人、現役棋士で最多となった。一方で10年かけて夢破れる者もいる。「森先生が師匠で良かった」。そう言われる森の人の育て方とは。


 

山崎隆之八段や糸谷哲郎八段のような “天才” のエピソードも面白いけど、「10年かけて自分の夢が叶わないことを確認した」という、プロになれなかった弟子の挫折の話はさらに興味深い。

そうした辞めていった弟子に対する思い――。

「僕はプロになった子より途中で辞めた子の方が気になりますね。辞めた子の方に大きな責任を感じますから。曲がった道に進まないか、3年は目を離さないようにしています。だから毎年必ず自宅に呼ぶ。将棋と出会って不幸になってほしくない」

これがとても素敵だと思った。

 

あと、スゴいと思ったのが松山ケンイチ。

イメージ

映画「聖の青春」で山崎をはじめ棋士たちが絶賛したのが松山ケンイチの駒を持つ手つきだった。完全にプロのそれだという

この人は好きな役者さんだ。

いわゆる美形のイケメンではないと思うけど、だが、それがいい。

プロをうならせる「手つき」をものにするには相当な努力が必要だったでしょう。いや、彼なら意外とすんなり出来てしまったか……?
 

「A LIFE ~愛しき人~」だって、みんな、松山ケンイチを観てるんでしょ?
(とか言ったら怒られるっつーの!)

スポンサーリンク

シェアしてね

フォローしてね