衝撃のラスト! 宮崎県小林市のPRムービー「ンダモシタン小林」

最近になって方言の利便性に気づかされたよ! とおっしゃるご同輩、こんにちは。館長です。

 

田舎にいる時間が長くなってからつくづく感じているのは、方言なら “タメ口” でも違和感なく年長者と話せる、ということです。

かしこまらずに済むから親近感も覚えてもらいやすい。
 

こんなこと言うとイヤなヤツに聞こえますけど実際イヤなヤツなので言いますと、僕は、“作戦”“手段”としてこのごろは方言を多用するようにしています。

近所のおばちゃんの “心のお茶の間” にすんなり招き入れてもらうために……。

スポンサーリンク

宮崎県小林市の移住促進PRムービー「ンダモシタン小林」その方言の使い方が衝撃的!

宮崎県小林市の移住促進PRムービー「ンダモシタン小林」(N’da-mo–shita’n KOBAYASHI)です。
或るフランス人男性の視点を通して描きだされる、その素晴らしくもちょっぴり不思議な小林市の風景。
ラストには衝撃の結末が…!?

 

宮崎県小林市 移住促進PRムービー“ンダモシタン小林”

まんまと引っかかりました。

「ウソ!?」と思って最初から見返してしまいました。
 

まさに、「ンダモシタン」!!

スポンサーリンク