マイナス×マイナスがプラスになる理屈をうまく説明してくれ

マイナスにマイナスをかけるとプラスになるというのを初めて教わったとき、納得して受け入れたのではなくて、「そういうもんだ」と自分に言い聞かせていたというご同輩、こんにちは。館長です。

 

そんなところでつまずいていては先に進めないですからね。
本当の理解なんてものはひとまず置いといて、決まりごととしてこなしていかねばならなかったのです。

でも今は違います。大人になりました。

真剣に「なぜそうなる?」を考えるときがきたのです。

スポンサーリンク

マイナス×マイナスがプラスになる理屈

マイナス×マイナスがプラスになる理屈

 

あんまり納得できなかった。笑

 

以前、こういう説明もされたことがあります。

後ろ向きに歩く

(1)行きたい方向に背を向ける(=マイナス)

(2)さらに後ろ向きに歩く(=マイナス)

(3)結果、行きたい方向に進める(=プラス)

 
なかなか考えたものだなぁ、と感心しましたが、スッキリはしませんでした。

 

僕がふと思ったのは……

どん底の男

どん底の男がいる(=マイナス)

どん底の女

どん底の女がいる(=マイナス)

 
でも、この二人が愛し合い結婚(=掛ける)すれば……

ファミリー

ファミリーができた!(=プラス)

 

我ながらなかなかいいと思ったけど、どん底の男と結婚してくれる女性なんて、たとえその女性がどん底であっても、絶対にいない! という結論に達しました!
 

つまり……

どん底の男

どん底の男がいる(=マイナス)

どん底の女

どん底の女がいる(=マイナス)

どん底の男

どん底の男はどん底のまま(=マイナス)

 
マイナス×マイナスは、どうしたってマイナスってことだ!!

スポンサーリンク

シェアしてね

フォローしてね