朝ドラ『ひよっこ』歯みがき粉を買ってビートルズを見よう!はライオンの実話

ビートルズはおろか、ずうとるびの公演すら観れなかったこの悔しさが、キミには分かるか! とおっしゃるご同輩、こんにちは。館長です。

 

いや、まぁ、ずうとるびが観れなかった悔しさは、正直言って分かりません。すみません。

 

朝ドラ『ひよっこ』では、主人公のみね子が、ビートルズのチケットを当てるため「ダイアナ歯みがき」を大量購入し応募していました。

それが、実際にあったライオンのキャンペーンをモデルにしたものだったことが分かり、さらに、そのときのビートルズ公演チケットがツイートされ、チケット裏にライオン歯みがきも確認され話題になっていました。

スポンサーリンク

ビートルズ日本公演チケットとその裏のライオン歯みがき広告

ビートルズ日本公演チケットとその裏のライオン歯みがき広告
ビートルズ日本公演チケットとその裏のライオン歯みがき広告

Twitter:toshi♪さんのツイートより)

ちなみに、ビートルズ来日は1966年。

【1966年の物価】
大卒初任給(公務員)21,600円 高卒初任給(公務員)16,100円
牛乳:20円 かけそば:50円 ラーメン:70円 喫茶店(コーヒー):80円
銭湯:28円 週刊誌:50円 新聞購読料:580円 映画館:400円

 

ビートルズ公演チケットの価格は、

A席2,100円、B席1,800円、C席1,500円

 

そして、ライオン歯みがき粉は120円。

 

チケットが高額なのは分かりますけど、ライオン歯みがき粉の値段もけっこうします。

これを大量購入できてしまう時点でそこそこお金持ちということですね。

 

ライオン製品でビートルズをみよう!キャンペーン新聞広告

イメージ

「ホンモノにしびれよう!」の文句にしびれる。

 

この懸賞には、なんとあの小倉さんが当選していた。

小倉さん

――コンサートのチケットはどうやって手に入れたのですか。

浪人生のときでした。6月30日、7月2日の2回行けたんです。初日はライオン歯磨の懸賞の景品で、親や姉の名義も使って応募したら当たりました。
2日のチケットは、厚生年金会館かどこかでやっていた『夢見るシャンソン人形』を歌うフランス・ギャルのコンサートに行ったとき、会場で追加公演のチケットが売られていたので、すかさず買ったものです。一番安い席で1500円、高い席が3000円くらい。お小遣いが許せば全部買いたかった。みんな『高いから行けない』って言っていました

 

僕の中でビートルズ公演は、「三大行きたかった公演」の1つですから、とても羨ましい。

というか、浪人生のくせに2回も行ってたなんて、バチが当たって毛でも抜ければいいのに……とさえ思ってしまいますよ。まったく。
 

他意はないです。

スポンサーリンク

シェアしてね

フォローしてね