西城秀樹の脳梗塞による右半身まひと闘うリハビリ姿を見たらつらすぎた

どんなに元気で健康的で運動神経バツグンでも、病気は突然襲ってくるから本当に怖いとつくづく思うご同輩、こんにちは。館長です。

このページは写真が多いためJavaScriptで表示しています。すみませんがJavaScriptをオンにしてご覧ください。


スポンサーリンク

西城秀樹、壮絶リハビリを支える原動力

西城秀樹、壮絶リハビリを支える原動力

ツラいリハビリに耐える! ヒデキを突き動かしたものは何か……?

 

【第1の原動力】ヤングマン(Y.M.C.A.)をちゃんと歌いたい!

西城秀樹、壮絶リハビリを支える原動力

2012年のコンサート前の打ち合わせ。

YMCAは無しにするかどうか……。

西城秀樹、壮絶リハビリを支える原動力

ヒデキは「なし」と言うしかなかった。

西城秀樹、壮絶リハビリを支える原動力

「上半身が動いちゃうと結構ヤバい、まだ」とヒデキ。

西城秀樹、壮絶リハビリを支える原動力

YMCAは上半身のあの振り付けがあってこそ、だから。

西城秀樹、壮絶リハビリを支える原動力

バラード中心の選曲にせざるを得なかった。

西城秀樹、壮絶リハビリを支える原動力

リハビリセンター院長いわく「一生懸命自分で頑張って、もう一度YMCAをちゃんと歌いたい」

西城秀樹、壮絶リハビリを支える原動力

ヒデキを突き動かしたのは、「ヤングマン」を振り付けして歌いたい! という強い気持ち。

西城秀樹、壮絶リハビリを支える原動力

過酷なリハビリの結果、2016年にはYMCAをやれるまでに。

西城秀樹、壮絶リハビリを支える原動力

「結構できますね」と自信を見せる。

 

【第2の原動力】「傷だらけのローラ」を歌いたい!

西城秀樹、壮絶リハビリを支える原動力

そしてもっと歌えるようになったら「傷だらけのローラ」も歌いたい――それがヒデキの目標だった、と。

西城秀樹
西城秀樹

2003年6月21日に85枚目のシングルを発表した直後、公演先の韓国で脳梗塞を発症する。
軽度の言語障害の後遺症は残ったが、闘病の末復帰し、2006年9月27日、3年ぶりに「めぐり逢い/Same old story – 男の生き様 -」が両A面で発売された。

2011年12月20日、脳梗塞の再発との診断を受け、2週間程度入院する。
右半身麻痺と微細な言語障害の後遺症が残ったが、その後は快方へ向けてリハビリに励み、徐々に歩行の状態など改善されている。

■ (cache) 脳梗塞で右半身まひの西城秀樹、壮絶リハビリを支える原動力とは? (スポーツ報知) – Yahoo!ニュース

脳梗塞で右半身まひの西城秀樹、壮絶リハビリを支える原動力とは?2度の脳梗塞で後遺症と闘う歌手の西城秀樹(61)が5日、フジテレビ系の情報番組「ノンストップ」(月~金曜、前9時50分)で壮絶なリハビリの様子をテレビ初公開した。西城は、1回3時間、週3回行うリハビリトレーニングの原動力が「家族とのハワイ旅行」と「もう一度(傷だらけの)ローラを歌う」だと明かした。

 

ちょうどテレビで観ていたのですが、泣けてきました。

元気、パワフル、情熱的、といった言葉が誰よりも似合う人だったから、なおさら今の姿が痛々しくてたまらない。

 

あと、去年の還暦記念ライブの様子を見ても泣けちゃいましたよ、このオッサンは。

 

五郎、いいなぁ。

秀樹、よかったね。

 

頑張って! なんて軽々しく言えないけど、目標を達成できますことを祈っています。

 

【 追 記 2018年5月 】

西城秀樹さんが5月16日にお亡くなりになりました。
謹んでお悔やみ申し上げます。

それに伴い、当記事を加筆修正しましたが、一部は書いた当時のままです。
ご了承ください。

スポンサーリンク