山口達也事件でフジテレビ「もう1人男がいた!」→「やっぱいませんでした」

「とりあえず速報してしまえ! 違ったら謝ればいいさ!」ってことをみんながやったらどういう世の中になるっていうのさ! と憤るご同輩、こんにちは。館長です。

スポンサーリンク

山口達也事件でフジテレビ堂々の誤報

フジテレビ、「事件当時もう1人男がいた!」と速報

山口達也事件でフジテレビ堂々の誤報
山口達也事件でフジテレビ堂々の誤報

警視庁記者クラブ
「事件が起きた時間に、山口メンバーの自宅に別の男性が居たことが警視庁への取材で明らかになりました。
現場には山口メンバーと被害を受けた女子高生にその友人、そして男性が居たことになります。
その男性と山口メンバーとの関係は分かっていませんが、山口メンバーは先ほどの会見では
『現場には自分以外の男性はいなかった』と話しており、山口メンバーが嘘をついていたことになります」

 

――ここまで断定的に言っておいて……

フジテレビ「やっぱいませんでした」

フジテレビ「やっぱいませんでした」

 

堕ちてしまった人間だからって、乱暴に扱っていいわけじゃないんだから、どうしてもっと慎重になれなかったのだろう。

あの会見で山口達也が嘘を言ってたのかどうかって、すっごく重要なことだと思うのに。
 

もしフジテレビが速報したように、彼が嘘をついてたのなら、もう完全に道は断たれてしまったことでしょう。

僕も速報を聞いたときは、彼のことすごく幻滅したし、少しでも彼のことに心痛めた自分を後悔した。
 

上記のお詫びには、「改めて事実関係を確認したところ」とあるけど、それって、報道する前にやることでしょうよ。

とりあえず放送しといて、事実確認はあとでいいや、なんてこと、あるわけない。

 

ともかく、あの会見に嘘は無かったのなら、まずはひと安心だけど……。

ほんと、頼むでしかし。

スポンサーリンク

シェアしてね

フォローしてね