曽野綾子氏「自殺した被害者もまたいじめる側に立つ」コラムに批判集中

80歳を超えたからといって、人間、誰もが穏やかになるものでもないんだなぁ……とつくづく思ったご同輩、こんにちは。館長です。

スポンサーリンク

曽野綾子氏が『週刊ポスト』のコラムにて自殺した被害者を貶める表現

イメージ

曽野綾子氏、またしても安定の老害ぶり…

Twitter:斎藤環さんより)

作家・曽野綾子氏の『週刊ポスト』のコラムについて、批判が集まっている。

同誌に連載されているコラム「昼寝するお化け」にて、岩手県矢巾町で中学2年生がいじめを苦にして自殺したとされる事件をテーマにしていたが、結びは下記のような文章だった。

「自殺した被害者は、同級生に暗い記憶を残したという点で、彼自身がいじめる側にも立ってしまったのである」

いじめられる側に多分な非があると受け取れる内容で、精神科医・批評家の斎藤環氏がTwitterで指摘している。

 

曽野綾子氏は、「自殺した被害者は、同級生に暗い記憶を残したという点で、いじめる側にも立ってしまったのである」
……などという発言をしたことにより、僕に暗い記憶を残したという点で、いじめる側にも立ってしまったのである。

スポンサーリンク

シェアしてね

フォローしてね